« 紅白歌合戦 | メイン | 友達が一人逝ってしまった »

医師と放射線医療

ガンは日本人の死因のトップであり、七転八倒の痛みと言われたり、死を連想させる病気のひとつです。現在のガン治療では、手術、抗ガン剤治療に加えて放射線による治療が三大治療として確立され、ガン治療の中心です。この中でも放射線治療は、医療機器の進歩とともに患者さんのQOL(クオリティー・オブ・ライフ;生活の質)を維持した治療法、臓器の機能損傷を最小限に抑えることができる治療法として、世界的にも期待されています。

放射線治療の原理は、X線、γ線、電子線などの電磁波をガン細胞に照射することによってガン細胞を死滅させていく方法で治療します。特に細胞は細胞分裂を行っている時に不安定な状態になるため、この時に放射線を照射し細胞分裂を阻害していきます。放射線治療では正常な細胞も放射線によるダメージを受けますが、損傷を修復させる能力がガン細胞よりも強いため、ガン細胞を死滅させつつ健康な細胞を残すことが可能なのです。

近年は放射線治療機器における技術革新は顕著に飛躍し、ガン腫瘍部分へのピンポイント照射を可能にし、治療効果の向上に加え副作用なども軽減されています。腫瘍部分が動いてしまい放射線による治療が困難であった大腸ガン、胃ガン、前立腺ガンを含め、ほぼ全身のガンに対して有効的な治療を可能にしています。治療費も安く通院による治療も可能です。全身麻酔や開腹などによる身体的襲侵の大きい手術ではQOLの低下から術後の生活に苦しむ人も少なくありませんでしたが、肉体的負担や副作用による影響が少ない放射線治療が、今後は間違いなくガン治療の主流となっていくでしょう。

しかしながら日本でガンを抱える患者さんが放射線治療を受ける割合は全体の25%にとどまります(放射線治療が浸透する欧米では60%)。手術を行う外科医が約10万人活躍しているのに対し、ガンに対する放射線治療を専門的に行うことができる放射線腫瘍医はわずか500人程度と圧倒的に少数なのです。放射線治療がガン治療の効果的治療法として進展する中、1回の放射線量をどれくらいにし、何回程度照射したらよいかといった治療計画を、ガンの種類、ガン腫瘍の大きさ、患者さんの体力や健康状態から総合的に判断できる医師がスピーディーに求められています。ガン治療だけでなく、重篤疾患の病気をCTやMRIで診断する時代に入ってきていることからも分かるように、医療分野における放射線の有効利用は今後も見込まれ、放射線医療を専門とする常勤医師の需要は非常に高まることが予想されます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.userorebro.com/mt3/mt-tb.cgi/24

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年10月28日 13:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「紅白歌合戦」です。

次の投稿は「友達が一人逝ってしまった」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38