« モラハラ | メイン | ぺたんこ髪 »

歌舞伎って。

歌舞伎はまだ見た事はないのですが、日本の伝統文化でもあるし、
一度はちゃんと観なくてはな、と思っています。

先日テレビで少し歌舞伎のことをやってまして、化粧のところがすごかったので、
あの化粧はいったいどのくらいの時間がかかってやっているのだろう?って、
そこから興味を持ちました。

歌舞伎のメイクのことを、隈取りと言うそうで。
もともとは顔の血管や筋を大げさに表現したものなんですって。
役柄によって隈取りに使われる色が決まっていて、
知っていて見てたら面白そうですね。

歌舞伎のメイク、男役の隈取りの特徴は、 大胆に色を入れることだそうです。
筆ではなく、指を使って描きます。
遠くから見ても分かるように太く線を引き、
そして、線の周囲を指でぼかして肌の白い色になじませていきます。

メイクの手順は意外とシンプル。
まず、鬢付油を顔全体に塗ります。
顔と首、襟足から背中まで、 白く塗る場所に伸ばします。

テレビでもそうやっていまして、でもいったいどのくらい時間がかるんだろうって。。(そこばっかり)

ちょっと調べてみたのですが、時間がどのくらいかかるかは出てこなかったですー。

1日に何役もやると、化粧したり落としたり、すごいんですって。、
肌が痛みそうですねー。

真っ白にするからね、あれを落とすのは大変でしょうねー。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.userorebro.com/mt3/mt-tb.cgi/49

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年11月01日 00:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「モラハラ」です。

次の投稿は「ぺたんこ髪」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38